妊娠中の結婚式は新婦側が大変

新婦側の結婚の記念品

結婚の記念品について

結婚が決まって結納ということになりますと、両家が同じ地域でない場合、地域によってそのやり方に大きな違いがある場合がありますので、両家でよく話し合って決める必要があります。それが無事すみますと、新婦側は結納返しと結婚記念品を相手に返します。結納品と現金(結納金の半額)を返すのが正式ですが、略式で腕時計や洋服、家電等の品物を渡す場合もありますが、結納返しも地域差がありますので事前に両家で相談をして決めたほうがいいでしょう。新婦側の結婚記念品は、指輪や腕時計、スーツやカバン等、男性への贈り物を渡します。それが無事終わるといよいよ結婚式ということになります。

授かり婚やおめでた婚について

昨今の結婚式は授かり婚やおめでた婚など妊娠してから式を行うということが 流行っています。なので、 式までの準備を行う新婦は大変です。準備期間においては、お腹が大きくなるにつれて何度も式場に通うことが楽しみであり、大変です。また、ドレス選びはお腹の大きさ次第なので、直近の選択になることが多いので、自分がきたいものが少なくなり不自由することになります。なので、式を挙げるなら結婚してから妊娠する順番を守った方が良いのではないでしょうか。よって、おめでたい事を楽しくする為には、自分の人生設計を正しい手順で行うことも必要です。

↑PAGE TOP