記念写真で思い出を

結婚、新婦側からの結納返し

記念写真を撮影するタイミング

記念写真は様々な場面で撮影されます。人は生まれてからいくつものイベントを経験します。赤ちゃんのときはお宮参り、その後も誕生日、七五三、入園、入学と幼少期は撮影の機会が多くなります。もちろん子どもだけでなく成長してからも卒業式、結婚式、そして自身の子どものイベントに、と巡り会います。記念写真は決まったイベントだけでなく個人個人の特別な日に撮ると記念に残り自分だけの思い出として形に残すことができます。

↑PAGE TOP