• トップ /
  • 賃貸マンションは頭金が不要

マンションに安く住める

賃貸マンションは頭金が必要ないため、安く済むことができるというメリットがあります。購入する場合は、ローンを組むとしてもある程度先に支出をする必要がありますが、借りる場合なら敷金や礼金と毎月の賃料さえ支払えば済むことができます。トータルとしてみれば購入したほうが安くなりますが、そもそも同じ場所に住み続けるわけではないというのであれば、安いに越したことは有りません。また、購入の場合はマンションの劣化を気にする必要がありますが、借りる場合は常に新しいところに引っ越すということも容易であるため、悪くない選択肢です。

物件購入時の頭金の必要性

マンションの購入は、従来購入する物件の価格の20%程度の頭金と呼ばれる自己資金が必要とされ、購入ローンの借り入れ金額が少なく返済の負担を軽減する動きがありましたが、現在では住宅ローンを提供している金融機関の中には購入する物件の価格の100%まで融資を行っている金融機関が大半を占めています。背景には、自己資金を工面する間に史上最低水準の金利が上昇し、逆に購入者の負担が増えてしまう悪循環を抑制する意図もあります。又、住宅金融公庫の時代の様に6年目と11年目に返済額が増額される事の無い全期間同一金利の将来に対する安心感も大きく、より安全にマンションを購入出来る金融システムが整えられています。

↑PAGE TOP

Menu